スポンサーリンク

緊急地震速報・・防災ボランティアのつぶやき

緊急地震速報って意外と知らない人が多いので、ここで纏めておきます。

緊急地震速報は役に立たない?

緊急地震速報は地震がP波と呼ばれる小さな揺れのあと、S波と呼ばれる大きな揺れが来る事を利用して、P波が来た時点で情報を流します。

緊急地震速報は、P波の地震が来てから発令されますから、当然の事ですが、震源地の上に自分がいる場合、ほとんど役に立たない可能性があります。
これは、仕組み上仕方ない事ですが、警報が鳴った時に慌てないように、日ごろから「警報来たらこうしよう」などとシミュレーションしておきましょう。

車の中で地震速報を得る

緊急地震速報は、発生した地震をいち早く知らせるものです。
一定程度有効で、遠くの大地震の場合などは、車を路肩に寄せたり、建物の安全な場所に避難したりなど、命を守るための行動をとることが可能になります。
車の中の場合、ラジオ以外でも対応しているカーナビもありますし、もちろん車内でもスマホの音を切っていなければ鳴ります。

レーダー探知機で緊急地震速報を

最新の車でない場合、レーダー探知機などでも緊急地震速報を取ることが可能です。
ただし、その場合はWi-Fiを使ってネットから最新の情報を取る必要がありますので、モバイルWi-Fiを使うか、スマホのテザリングをセットする必要があります。
スマホのテザリングは容量を喰うので、注意が必要ですが、最近では少々事情が変わっていて、無制限に使えるクラウド型モバイルWi-Fiが注目されています。
どんなときもWiFiの場合は、DoCoMo、AU、ソフトバンクのエリアを使えますので、エリアが広いことは頼もしいですね。
山奥でも入る可能性が高いです。

 

緊急地震速報は空振りが多い?

 緊急地震速報に空振りが多いのは事実です。

 でも、大地震の場合は瞬時の対応が生死を分けることもあり得ますから、訓練だと思って対処しましょう。
 緊急地震速報は、「命の危険が迫っています」という警報だという事を頭に入れておきましょう。

緊急地震速報が鳴る震度

 気象庁では、緊急地震速報を出す想定震度は震度5弱以上と予測された時に発表するとしていますので、この震度を起震車などで経験しておくと良いと思います。
 私自身起震車で経験した事がありますが、実際に来てから何かしようと思ってもかなり大変な震度です。
 少しでも事前に知らせてくれる仕組みを有効に使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました