スポンサーリンク

防災は、出来ることから始めよう

このサイトは、防災士資格を持ち、防災ボランティアを10年以上やってきた管理人が、被災地の状況を見た経験から、自分で出来る災害対策について書いています。
一つでも参考になる事があればうれしいです。
もし、貴方がこんなことを考えていたら、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • 災害対策って言っても、何をしたら良いか分からない
  • 家の中で災害に巻き込まれるとは限らない
  • 事前の準備って結構面倒くさそう
  • 災害って地震だけじゃないと思う

時系列で災害を考える

災害対策は、時系列で考える必要があります。
たとえば地震に対する備えの場合、自宅での対応を考えるなら、まず、自宅そのものの状況をチェックする事。
古い家なら耐震補強。
新しい家なら家具の固定。
地震が来た際、非常用持ち出し袋を一生懸命充実させても、家が潰れてしまって死んでしまったらその先を準備しても意味ありません。
ですから、まずは家の耐震補強と家具の固定を優先すると良いでしょう。

よく、テレビなどで避難所の映像が出たりしますが、あの映像は生きている人たちです。
死んでしまった人たちは何も語ってくれません。

防災情報と防災アプリ

最近は、ネットで防災情報を気軽に入手することが出来ます。
自分に合った防災アプリをスマホに入れておくのも良いと思います。
ただし、普段から使っていないといざという時に使えませんので、通知だけでなく、たまには開いていじってみましょう。

↓↓↓
https://app.dcm-gate.com/news/news-266465/

通信機器

被災時、情報を得るのは結構大事です。
私の場合は、無線機を持っていて、アンテナを上に伸ばしています。
もちろん、バッテリーもありますので、とりあえず色々な所の情報を取ることが出来ますが、停電を考えると電池式のラジオがおすすめです。
洪水などの場合、地元の最新の情報が必要になるかと思うので、どうやって情報を拾うのか、考えてみて下さい。
ちなみに、うちの場合は洪水は想定されていませんが、停電の際にはネットが使えなくても広範囲な場所の情報を収集できます。

紙の地図

被災時、スマホで地図を見るのも良いですが、地図の上に状況をプロットしたり、停電でスマホのバッテリーが心配な場合に備えて地図はあった方が良いかと。
地元の市街地地図とかでも、あると無いとでは大違いです。
家の中に置いておくだけでも良いので、紙の地図を用意しておきましょう。
自分がボランティアに行くときは、カーナビがあっても、地図を必ず持って行っていました。

地震対策を時系列で考える

地震対策を時系列で考える場合、家具の固定の次はです。
笛はわずかな呼吸があれば慣らすことができるので、発見してもらいやすくなります。

消火器

消火器は、万一火災が発生した時に命綱になります。
一度は使い方を見ておくと良いですし、防災センターなどで実際に使い方を教えてくれたりします。
以前、火元に慌てて消火器を投げ込んでしまったという記事を見たことがありますが、投擲型の消火器でない限り、投げ込んでも火は消えません。
一度も使ったことがないのに、切迫した状況下で正しく使えるとは限りませんので、消火器使い方は正しく覚えておきましょう。

バールやジャッキ

ジャッキなどは、万一家などが倒壊した際、救助に使えます。
ただし、荷重には限界がありますし、使い方を間違えると二次災害を誘発する恐れがあるので超注意です。
ジャッキは車に積んでいたりしますが、車がない人でも、使い方を一度でも教わっておくと良いでしょう。
最近の車は、ジャッキを積んでいる場所がトランク部分ではないものもあるので、ある場所も確認しておきましょう。

チェーンソー

チェーンソーは、使い方を教わっておかないと危険です。
とくに、一度も教わっていない人がぶっつけ本番で使うにはかなり危険です。
ただ、日本は木造の家が多いので、上手く使えると倒壊家屋から人を助けたり、倒木を切ってどかしたりする際にとても重宝します。

洪水対策と時系列

私が防災士になった当時、防災といえば地震対策を指す人が多かったのですが、最近では洪水対策などにも関心が集まっています。
洪水対策も時系列で考えると、揃えるべきものが見えてきます。

情報を取るためのAMラジオ

私なら、まずは情報収集を確実にできるAMラジオです。
情報を取れないと、避難すべきかどうかの判断が出来ません。
先ほどご紹介した防災アプリを使えば携帯電話からでも情報は取れますが、ネットが繋がっていない状態ではどうにもなりません。
テレビ電波を受信できれば良いですが、貴重な携帯の電源を使う事になります。
ちなみに、携帯は電波が届いていない場合、電波を探してしまうので、余計に電源を消耗してしまいます。

ライト

夜、避難する事になったら必要なのがライト。
都内に住んでいる方でアウトドアの経験がない方はあまり感じないかもしれませんが、新月の時に停電になったりしたら、隣の人が何をやっているのかすら分からない状態になります。
避難はなるべく日中に行いたいところですが、夜避難する可能性がある場合、停電も十分に考えられますので、ライトは必要。
用途に分けていくつか用意するのが望ましいですが、出来れば、両手が空くヘルメットに付けるタイプのものの方が良いでしょう。

薬を持ち歩く

飲まないと困る薬は余分に持ち歩きましょう。
また、自分がケガをしたりして意識を失っている時に役に立つのがお薬手帳です。
医療機関で治療を受けている人は、普段から持ち歩くようにしましょう。

※なお、このサイトに掛かれている内容は個人的な見解です。自己責任でご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました